シャンプー頭髪

男女共にお湯洗いで充分です。

今日は、皮膚についてお話したいと思います。


私がそうなのですが、冬になると全身カサカサになります。

肌ならまだ服で隠せますが、頭はそうもいきません。

気付いたら襟に溜まっている、なんてこともありますよね。


まず最初にチェックしてほしいのは、
それは冬だけに起こる現象なのかということ。

夏もその状態でしたら、それはかなり深刻な状況です。

皮膚科でステロイドを処方してもらうのが手っ取り早いでしょう。

私も一度、ステロイドを使用しました。

だいたい二週間ほどで治るので、
副作用もそれほどありませんよ(症状に差はありますが)。



では、冬だけの人。

これは、体質的な問題です。

残念ながら、生まれつき弱い人が
一般並の皮膚を手に入れることは叶いません。

専門ではないので、不可能と断言することはしませんが、
今まで同じ症状の人の相談にも乗って、自分で試してと、
完治の見込みはありませんでした。


なのでここでは、フケを表に出さない方法。
できるだけ、症状を軽くする方法をご説明します。


乾燥肌にもいろいろとありますが、
どうやっても治らない乾燥というのは、
肌の劣化が原因として挙げられます。

冬は肌が劣化しやすいということですね。

結論から申しますと、『洗い過ぎ』です。

寝癖を直すため、一日二回頭を洗っていませんか?

これは本当にヤバいです。


頭洗いは、最低一日一回。

私は、ほぼ毎日「お湯洗いのみ」です。

これで、肩に積もっていたフケはなくなりました。

シャンプーは一週間に一度だけ。


そして、特にこれは男性に注意したいのですが、
リンス/コンディショナーは何を使っていますか?

リンスは、非常に頭皮に悪いものです。

じゃあどうすればいいかと言えば、
頭皮に付着しても良いリンス/コンディショナーを使います。


私が使用しているのは、
h&s for men ボリュームアップコンディショナー』。



これは頭皮に馴染ませて、頭皮も同時にケアしてくれる優れもの。

しかも髪がいい感じに生きるので、男性には特におすすめできます。


シャンプーにも同様のものがありますが、
無理に変える必要はありません。


もし今までリンスを使っていなくても、
これは三日に一回は使ってもいいかもしれませんね。

においは好みが分かれますが、悪いものではありません。



次に、
シャンプーを流す際の注意点について。

とにかく、40秒×2を心がけるように。


シャンプーのヘッドを頭皮ギリギリまで近づけて流すこともしないと、
高いところからのシャワーだけでは、弱くてきれいに流せません。


シャンプー後に40秒流し、浴室を出る前にまた40秒流す。
こうすることで、身体を洗った時にも付着する
わずかな石鹸も落とすことができます。



今回ご紹介したのは、どれも基本的なことです。

しかし基礎知識のない人は、この当たり前ができていません。

頭皮と言えば、やはり抜け毛が心配されます。

こういうのは蓄積なので、将来を心配されるのでしたら、
今から改善していきましょう。


次回は、肌についてお話します。