頭皮にやさしいミノキシジル選び。

日本のミノキシジルといえば、おなじみのリアップ

強すぎず、皮膚への配慮がわずかながらにされていることから、安心して使用できます。

といってもやはりノーリスクとはいかないのですが、何よりも高い! 

そして、濃度が薄い! 


今でこそミノキシジル5倍X5が出ていますが、通常のは1%で約7000円。

海外のは5%で3000円もしません。

日本版を購入するのがバカらしくなります。

1%って、本当に効き目が期待できませんよ。

せいぜい抜け毛の進行速度を遅らせるぐらいです。


最低でも5%は欲しく、海外で購入されている方の大半が15%を使用しています。

完全に髪の毛がなくなってしまい、年齢もそれなりでしたら10%以上が好ましいものの、
若ハゲの方は早まっちゃいけません。

頭皮が荒れて、育毛治療ができなくなってしまうなんて事態になりかねませんから。



一般的に人気なのは、ポラリス。 

その理由は、 安くて濃度が高く、何よりも浸透力がある。

ミノキシジル+浸透力は最強の育毛治療と言われています。

ですがその分、頭皮への負担も強く、あまりの痒さに断念する人も少なくありません。


そんな頭皮に自身のない方には、まず、ジェンヘアーをおススメします。

こちらはにおいがそれほどきつくなく、色も比較的薄いとされています。

ポラリスなどは、においや色がキツイことから敬遠する人も多いですからね。

ジェンヘアーでも痒みがひどいって人は、他のミノキシジルだともっとひどいでしょう。

頭皮に一番優しいミノキシジルですが、浸透力がポラリスと違って劣ります。

慣れたらポラリスに変えるほうがいいでしょうね。

中には、朝はジェンヘアーで夜はポラリス、旋毛周りはジェンヘアーで前頭部はポラリスと、 
時間と部位によって使い分けるのもあり。



ミノキシジルを使用するにあたって気を付けるべきことは、頭皮を荒らさないこと

頭皮を不健康、異常にしてしまっては、元も子もありません。

 

ジェンヘアー ミノキシジル5%ローション(Genhair M5)

このジェンヘアーは、クリームタイプやらいろいろとありますが、やはり液状が無難です。
 

 
ジェンヘアー ミノキシジル15%ローション(Genhair M15)

こちらは15%です。


 
ミノキシジル5%+アゼライク酸2%+αローション [NR-07]

こちらはポラリス。
頭皮に自信がある人はこちらをご利用ください。
ミノキシジルの中で最も効果に期待が持てるのは、やはりこれしかありません。